コスプレトークンのプラットフォーム

 

コスプレ市場をプラットフォームにした、日本発ICOプロジェクトがスタートします!

 

2001年より開始した「Cure(キュア)」を含めて「Cure WorldCosplay」という世界規模のサイトを運営する会社(株式会社キュア)がICOプロジェクトを実施する点です。

※運営サイトは、「180カ国以上・会員数72万人・12言語対応」など世界でも有数のコスプレのプラットフォーム

 

サブカルチャー系(ヲタク文化)の事業は、結束力・コミュニティ力が高い大規模な市場であり、コアなファンが多いので成功への期待値が高そうですよね。

 

それでは、日本国内発・コスプレトークン

  • ICOプロジェクトの内容
  • 買い方や購入方法

などを紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

コスプレトークン(COT)とは?

↑購入は上記をクリック↑

 

上述したようにコスプレトークンを発行する企業は、すでに世界最大級のコスプレサイトを運営しており、今回のICOプロジェクトを通じてさらにコスプレの市場・経済圏を発展させる目的があります。

 

コスプレ市場に関わるすべての方々・企業に、オンライン・オフライン(イベント)などで活用できるトークンを流通させていきます。

 

 

コスプレトークンを発行する目的は、

  • 国内外のコスプレイヤー
  • カメラマン
  • 造形師などのアーティスト
  • 応援するファン

など、世界中のコスプレイヤー・コスプレ関係者の間で発生しているさまざまな問題を解決することです。

 

コスプレ業界の具体的な問題点は、

  • 決済アカウントを保有できない若い世代(Player)
  • コンテンツに対する正当な報酬がない(Player・User)
  • 文化の違いによるトラブル(Player)
  • 正当な評価を受けていない(Player・User)
  • 世界各国の情報の格差と正確性の欠如(User)

などなど挙げるとキリがないですが、このような課題の解決にむけて、ブロックチェーン技術を活用した独自トークン・コスプレトークン(COT)を発行・流通させ、コスプレ市場をさらに活性化させるビジョンがあります。

 

それでは、コスプレトークンについてさらに詳しく紹介していきます。

 


 

運営元|コスプレトークン

コスプレトークンのプラットフォーム

 

コスプレトークンを運営するのは、株式会社キュア(東京都渋谷区恵比寿)です。2001年からコスプレ市場のプラットフォーム・「Cure WorldCosplay」を展開しています。

 

既存事業で一定の成果を上げている会社が企画するICOプロジェクトは、多くの投資家にとって安心の材料になりますよね。

 

個人的な見解ですが、今後のICO業界のトレンドは、すでに存在するサービスを拡張させるための資金調達の方法として、「ICO」を実施するという考えが主流になりそうですよね。

 

というのも、2017年に立ち上がったICOプロジェクトは902件(Bitcoin.com参考)ありましたが、58.8%はすでに失敗に終わり、上場して成功している案件はわずか数%ほどしかなく、

  • ICOプロジェクトへの投資はリスクが高い
  • 不安定な事業である

上記のような認識をしている方々が増えているように感じます。

 

そういった意味では、今回のコスプレトークンを発行する世界規模のサイトは、

  • 12ヶ国語対応の多言語プラットフォーム
  • 世界180 カ国以上で展開
  • 72万人を超える会員
  • 650万枚以上の作品が投稿済み
  • SNSトータルフォロワーは43万人

など、世界各国のユーザーたちが交流し、その勢いは日々成長し続けています。

 

そして今後も世界中のオタク文化ファンに、

  • オリジナルのイベント企画開催「Cure Cosplay Collection」
  • インバウンド企画
  • LIVE配信

などの展開を考えているそうです。

 

また最近ではコスプレイヤーとのネットワークを拡大した実績が認められ、動員施策を含む地域活性のコンサルタントの相談が増えてきています

 

例えばですが、アニメ系映画のロケ地・撮影場所が有名になり、ファン・ユーザーたちの間で「聖地巡礼」による観光客増加で、特定の地域の財源が潤うということがありますよね。

要するにコスプレイベントも同じような効果が期待され、地域活性化の相談に繋がっているのだと思います。

 

【Cure WorldCosplayのサイト情報】

 

 

 

コスプレの市場規模は?

 

コスプレトークンが参入する市場はどれほどの規模なのでしょうか?

 

現在の「コスプレの市場規模」は430億円ほどとまだまだ発展途上の段階です。

 

しかし近年国内では、ハロウィンイベントの認知・定着などがあり、コアなオタクユーザーだけでなく、ライトなユーザー層を取り込みながら市場を拡大させていますよね。

 

そしてアニメ産業の市場規模は、1兆5000億円規模とかなり大きな産業として確立しています。

 

この大きな市場に対して、インターネットに代わるブロックチェーン技術を活用し、現在抱える問題を解決できるアイデアを形にすることは、大いに可能性を感じさせてくれますよね。

 

 

 

トークンの種類・役割

 

それでは、コスプレトークンは市場でどのような使われ方をされるのでしょうか?

 

まず既存サイトの「Cure WorldCosplay(=CW)」にて、

  1. コスプレトークン(COT)
  2. キュアプレイヤーコイン(CPC)

上記の2種類のトークンを発行・流通させていきます。

 

 

コスプレトークン(COT)とは?

コスプレトークンは、Cure WorldCosplay(=CW)内のエコシステムにおける「Utility Token」として機能させます。

※Utilityとは、汎用性・有用性が高いので、使い勝手が良く幅広いという意味があります。

 

コスプレトークンが持つ機能は、

  • 決済:サイト内で発生する取引の基軸通貨
  • 準備金:キュアプレイヤーコイン(CPC)の担保機能

主に上記の2つの意味があります。

 

<注意点>

今回のプライベートセールでは、コスプレトークン(COT)のみ購入することができます。

 

 

キュアプレイヤーコイン(CPC)とは?

キュアプレイヤーコインは、Cure WorldCosplay(=CW)に参加するプレイヤーの誰もが自らの価値をコインで見える化し、経済活動を推進していくために使用されるトークンです。

 

CWサイト上の誰もが自由にCPCを発行できます。

そして人気・時価総額が高いプレイヤーのCPCからそうでないCPCまで、 様々なトークンが流通します。

その際に発生するトークンの流動性問題を解決す るため、CPCは「Smart Token」の性質を有します。

※Smart Tokenとは、発行者が必要となる準備金を用意し、専用のSmart Contractを通じて自由にト ークンを発行することができます。

 

発行されたトークンは購入・売却(清算)時に、

  • トークンの価格
  • トークンの総発行量
  • 必要とする準備金

上記の3つの計算で自動的に決まるため、トークンに関わる需要を滞留させる問題が発生することはありません。

 

Smart Tokenの価格を決定するアルゴリズムについては、Bancor Protocolを以下の理由で採用いたします。

  • 継続的流動性市場の需要供給に頼らず、スマートコントラクトを通じて購買および売却が出来る
  • 予測可能な価格変更 取引が実行される前に、現在の価格での購入または売却で生じる価格変動の事前計算が出来る
  • 低いボラティリティ スマートトークンを確保して大幅な市場深度を生み出し、価格変動を抑えることが出来る

 

 

Sponsored Link

流通における経済性|コスプレトークン

 

まずコスプレトークン(COT)の利用者は、

  • Player:コスプレイヤー・カメラマンなどサービス提供の対価を得る者
  • User:サービスを閲覧・参加などトークン支払者
  • Angel Investors:新規コスプレイヤーを経済的に支援する者

コスプレ市場の「Cure WorldCosplay(=CW)」に関わる人々が主な対象者となります。

 

三者それぞれのメリットは、

  • Player独自のCPC発行や販売による収益・自身のコミュニティの見える化
  • UserCPC保有者専用の体験・他のCPCとの交換による新しい体験の共有
  • Angel Investors新たなプレイヤーの発掘や応援・トークン価値向上による収益性

などがあるので、従来の不透明なコスプレ経済圏の中で関わる全ての方にメリットが生まれ、適切な収益確保(Player)・新しい体験(user)による市場をより活性化できると考えられます。

 

 

それでは具体的にどのようにトークンが流通していくのでしょうか?

まずはPlayerがCWサイトを通じて、

  • サービス提供
  • 新たな企画の提供

などの実施に向けて、独自のキュアプレイヤーコイン(CPC)を発行・販売していきます。

 

キュアプレイヤーコイン(CPC)発行までの流れは、Player(コスプレイヤー)自身が、

  1. 取引所でコスプレトークン(COT)をETHで購入
  2. 専用ウォレットに必要となるCOTを保管
  3. 「Cure Protocol」で自らのCPC発行 発行するCPCの時価総額=COT÷固定準備率」
  4. 発行時のトークン価格と発行総量の決定
  5. YNC(Your Name Coin)にリネーム
  6. 発行したCPCをUserやInvestorに販売

上記のフローとなっております。

 

Player(コスプレイヤー)は、

  • 独自コンテンツの閲覧
  • 限定イベントの招待

など、自らが提供するサービスを利用する権利に必要なキュアプレイヤーコイン(CPC)保有量を設定します。

そしてキュアプレイヤーコイン(CPC)が完売された後、さらに需要・ニーズがあった場合には「Cure Protocol」でさらに新規トークンを発行します。

そうなるとCPCトークン価格は上昇するので、すなわちPlayerの時価総額が高くなるという事です。それがPlayerの収益にも繋がります。

しかしトークンの清算が実行された場合は、トークンは償却されトークン価格が下落する仕組みになります。

 

 

またUserは、自らが保有するキュアプレイヤーコイン(CPC)を、他の人が持つCPCと交換することが可能です。

 

そうすることで、新しいPlayerとの出会いのキッカケが生まれ、Playerにとっては新規のファン獲得にも繋がりますよね。

 

 

複数のPlayerによる共同プロジェクトの場合は、CPCとの交換で取得されたコスプレトークンは、相互評価の結果、スマートコントラクトで自動的に分配される仕組みになります。

 

 

 

調達資金の用途|コスプレトークン

 

<コスプレトークンの詳細>

  • 総発行枚数:1,000,000,000COT
  • 販売価格:0.0001ETH/1COT
  • 販売数・・・400,000,000COT

 

<コスプレトークンの資金用途>

Operations(50%)

  • グローバルでのコミュニケーションやサービスの運営を行っていくにあたり世界中から仲間を増やしていく必要があります。
  • また開発するにあたり、エンジニアの人員にも使います。
  • 世界では様々な価値観や文化の考え方があるので、理解共有できる人員の研修費用としても使って いく予定です。

 

Development(20%)

プラットフォームの開発費用である、

  • ウェブフロントエンド
  • バックエンド
  • ネイティブアプリ
  • ブロックチェー ン
  • スマートコントラクト
  • インフラ

などに使います。

 

PR, Marketing(10%)

ユーザー獲得やプロモーション費用に使います。

 

Legal, Adviser(10%)

ICOは新しい取り組みである為リーガル、有識者に対して協力してもらうフィー(報酬)として使う予定で す。

 

Bounty Program/Reward(10%)

コミュニティに対して報酬を与える方法として、バウンティプログラム(賞金)の費用に使います。

 


 

買い方・購入方法|コスプレトークン

↑購入は上記をクリック↑

 

<コスプレトークンのプライベートセール概要>

  • シンボル:COT
  • 販売期間:2018/3/1~4/30
  • 最低購入数:1ETH~
  • トークン付与:11,000COT/1ETH
  • トークン配布:2018/6/1~6/14
  • 受取方法:マイイーサウォレット
  • ホワイトペーパー【日本語】

 

 

<コスプレトークンの買い方・購入方法>

  1. ICO購入サイトへ
  2. 上記ページのETHアドレスに送金
  3. ユーザーの送金元ETHにトークン配布

 

<注意点>

ICOサイトページにあるETHアドレスへ送金する際は、必ずマイイーサウォレットより送金してください。トークンを受け取れなくなる可能性があります。

 

マイイサーウォレットを持っていない方は、下記サイト内の最下部に送金方法を記載しております。(内部関連記事)

マイイーサウォレットの作り方・使い方|送金・入金方法は?

 

取引所への上場日時・上場先は、いまのところまだ公表されていません。分かり次第、随時更新をしてまいります。

 


 

まとめ|コスプレトークン

コスプレトークンのプラットフォーム

 

いかがでしたか?日本発のICOコインであり、これからが期待される業界のプロジェクトです。

 

日本の独自文化でもあるオタク文化を、世界により発信・拡大させていく一つの大きなICOプロジェクトですよね。

 

そして既存事業ですでに大きなコミュニティを保有しているので、ICOプロジェクトも順調に進みそうな気がします。

 

なにより今回のICOプロジェクトを通して、コスプレ業界を取り巻く経済圏がより健全な市場となり、そして安定的に発展していくことを願いたいですね。

 

今回は、日本国内発・コスプレトークン

  • ICOのプロジェクト内容
  • 買い方や購入方法

などを紹介しました。

 


 

2018年開催のICOプロジェクトに関する記事

ICO参考元 http://lifehack-sein.com/

 

こちらの記事を読まれた方は、下記も参考にされています。

 

管理者おすすめのICO案件2018(関連記事)

 

 

注目のICO案件2018(関連記事)

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

上記をクリック↑↑

 

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容を不定期で配信しています。

 

友だち追加の方法は、

  • 上記バナーをクリック
  • LINE ID検索「@oqm6996w」

質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link