コスプレトークンのプラットフォーム

 

コスプレ業界で世界的に有名な企業が、コスプレ市場をプラットフォームにした、ICOプロジェクトをスタートさせています。

 

運営元の企業は、

  • 180カ国以上
  • 会員数72万人
  • 12言語対応

など、世界でも有数のコスプレプラットフォームを保有する株式会社キュアです。※運営サイトの歴史は長く、2001年より開始した「Cure(キュア)」を含めた「Cure WorldCosplay

 

サブカルチャー系(ヲタク文化)の事業は、結束力・コミュニティ力が高い大規模な市場であり、コアなファンが多く成功への期待値が高そうですよね。

 

ICOという資金調達の方法を採用し、既存事業のさらなる拡大・ユーザーにより良いサービスの提供を目指す、本来あるべき姿のICOプロジェクトですよね。

 

最終セール内容は、

  • 販売価格:0.04ドル/1枚
  • 最低購入枚数:10.000枚
  • セール発行枚数が無くなるまで

つまり400ドルから購入することが可能となっております。

 

 

公式情報

 

 

Sponsored Link

 

 

それでは今回は、2019年7月上場予定のコスプレトークン(ICO)について、ホワイトペーパーを参考に以下の目次に沿って解説していきます。※2019年7月21日に情報を更新。

 

 

COT上場先

コスプレトークン上場

※引用元はこちら

2019年7月17日、噂通りLiquid(海外)取引所に上場しました。ただし日本人登録者は、トレードに参加する事ができません。※Liquidグループには日本人が利用可能な取引所がある為。

 

国内取引所にて取引する為には、金融庁のホワイトリスト(許認可)入りする必要があります。※2017年よりリストは更新されていません。

 

 

 

最新情報|CosplayToken

コスプレトークンの最新情報

 

コスプレトークン情報一覧

【2019年4月3日情報】

コスプレトークンプロジェクトには、QUOINE(取引所)がパートナー企業として参加しています。※QUOINEは、リキットグループの傘下・日本国内にも取引所あり

 

そのリキットグループが、世界でも名だたる企業・ファンドから資金を調達し、仮想通貨業界では日本で2社目の『ユニコーン企業』となりました。※ユニコーン企業とは、評価額10億ドル以上の非上場、設立10年以内のベンチャー企業

引用元 https://jp.cointelegraph.com/news/

またコスプレトークンは、QUOINE取引所(海外)への上場・そして今後日本国内への上場を狙っているのではないか?とも噂をされています。

 

【月刊仮想通貨に掲載:2019年3月21日発売】

月刊仮想通貨5月号「コスプレトークン」掲載

月刊仮想通貨5月号に「コスプレトークン」が掲載されています。
【成田童夢氏による動画:2019年3月19日公開】


※Youtube(6:58)前編

ヲタクタレントに転身した元オリンピック選手「成田童夢」さんが、フォロワー数約15万人を保有する「火将ロシエル」とコスプレトークンについて熱く語っています。

※2017年11月にアニメのキャラをペイントしたスノーボード板ブランド『PERSONA SNOWBOARD』を立ち上げ

【公式アドバイザー紹介(2019年1月21日)】

コスプレトークンのアンバサダー

コスプレトークンを基軸通貨にした、有名コスプレイヤーの独自トークンを発行(時期は未定)していくそうです。現在提携している日本人レイヤーは以下となります。

いずれも万単位のTwitterフォロワーさんがいる、有名なレイヤーたちとタッグを組んで、コスプレ業界の健全化・発展に向けた活動をしていくようです。

【BSのTV番組出演】

コスプレトークンのBS放送

2018年12月20日、BS11「真相解説!仮想通貨ニュース!」にコスプレトークン運営会社のCMOが出演されました。参照元 https://prtimes.jp
【NANJコインと提携】

コスプレトークンとNANJの提携発表

2018年6月1日、コスプレトークンは5ちゃんねるのファンメイドから誕生し、純国産の上場銘柄「NANJコイン」と戦略的パートナーの提携発表を行いました。

両銘柄ともにサブカルチャーから誕生した仮想通貨なので、熱狂的なファン層を抱える人気銘柄ですよね。互いの事業がさらに発展的に加速する一つにキッカケになりそうですよね。※参考元 https://prtimes.jp

 

 

 

コスプレトークン(COT)とは?

※紹介動画(1’47)

 

上述したようにコスプレトークンを発行する企業は、すでに世界最大級のコスプレサイトを運営しており、今回のICOプロジェクトを通じてさらにコスプレの市場・経済圏を発展させる目的があります。

 

コスプレ市場に関わるすべての方々・企業に、オンライン・オフライン(イベント)などで活用できるトークンを流通させていきます。

 

 

コスプレトークンを発行する目的

  • 国内外のコスプレイヤー
  • カメラマン
  • 造形師などのアーティスト
  • 応援するファン

など、世界中のコスプレイヤー・コスプレ関係者の間で発生しているさまざまな問題を解決することです。

 

コスプレ業界の具体的な問題点は、

  • 決済アカウントを保有できない若い世代(Player)
  • コンテンツに対する正当な報酬がない(Player・User)
  • 文化の違いによるトラブル(Player)
  • 正当な評価を受けていない(Player・User)
  • 世界各国の情報の格差と正確性の欠如(User)

などなど挙げるとキリがないですが、上記の課題解決にむけて、ブロックチェーン技術を活用した独自トークン・コスプレトークン(COT)を発行・流通させ、コスプレ市場をさらに活性化させるビジョンがあります。

 

 

 

運営企業

株式会社キュア

 

コスプレトークンを運営するのは、株式会社キュア(東京都渋谷区恵比寿)です。2001年からコスプレ市場のプラットフォーム・「Cure WorldCosplay」を展開しています。

 

実経済にて一定の成果を上げている会社が企画するICOプロジェクトは、多くの投資家にとって安心の材料になりますよね。

 

個人的な見解ですが、今後のICO業界のトレンドは、すでに存在するサービスを拡張させるための資金調達の方法として、「ICO」を実施するという考えが主流になりそうですよね。

※2017年に立ち上がったICOプロジェクトは902件(Bitcoin.com参考)ありましたが、58.8%はすでに失敗に終わり、上場して成功している案件はわずか数%ほどというデータがあります。

 

 

そういった意味では、今回のコスプレトークンを発行する世界規模のサイトは、

  • 12ヶ国語対応の多言語プラットフォーム
  • 世界180 カ国以上で展開
  • 72万人を超える会員
  • 650万枚以上の作品が投稿済み
  • SNSトータルフォロワーは43万人

など、世界各国のユーザーたちが交流し、その勢いは日々成長し続けています。

 

Cure WorldCosplay情報

 

 

そして今後も世界中のヲタクファンに、

  • オリジナルのイベント企画開催「Cure Cosplay Collection」
  • インバウンド企画
  • LIVE配信

などの展開を考えているそうです。

 

 

また最近ではコスプレイヤーとのネットワークを拡大した実績が認められ、動員施策を含む地域活性のコンサルタントの相談が増えてきています

 

例えばですが、アニメ系映画のロケ地・撮影場所が有名になり、ファン・ユーザーたちの間で「聖地巡礼」による観光客増加で、特定の地域の財源が潤うということがありますよね。つまりコスプレイベントも同じような効果が期待され、地域活性化の相談に繋がっているのだと思います。

 

 

 

コスプレの市場規模は?

コスプレの市場性

 

コスプレトークンが参入する市場はどれほどの規模なのでしょうか?

 

 

現在の「コスプレの市場規模」は年々増加傾向であり、世界中のコスプレ愛好家が費やしたコスプレ費用は『約2兆円」というデータもあります。

 

また近年の日本国内でも、ハロウィンイベントの認知・定着などがあり、コアなオタクユーザーだけでなく、ライトなユーザー層を取り込みながら市場を拡大させていますよね。

 

またコスプレ業界ととても縁が深いアニメ産業の市場規模は、1兆5000億円規模とかなり大きな産業として確立しています。

 

この大きな市場に対してブロックチェーン技術を活用し、現在抱える問題を解決できるアイデアを形にすることは、大いに可能性を感じさせてくれますよね。

 

 

 

トークンの流動性

コスプレトークンの使い道

 

コスプレトークンが実経済と連動し、流通していく事で初めて『通貨・決済』としての価値が生まれ、トークン価格の上昇へと繋がります。

 

Cosplay Tokenの流動市場は、

  • コスプレ業界
  • 映画業界
  • アニメ業界
  • 漫画業界

など、コスプレと関連性が高いポップカルチャー市場での基軸・定番通貨を目指しています。

 

具体的な戦略は、コスプレイヤーとコスプレファンを繋ぐ、

  • デジタルプラットフォームを構築
  • 専用アプリのリリース
  • 専用ウォレットのリリース

上記のサービスに加えて、フォロワーが多いコスプレイヤーをアンバサダーに就任して頂き、新たな経済圏を創造していきます。

 

 

COTアンバサダーの紹介

コスプレトークンのアンバサダー

世界各国のフォロワー数が多い有名コスプレイヤーに、COT公認アドバイザーとしてICOプロジェクトのサポートをしてもらっています。

 

 

Sponsored Link

 

トークンの仕組み

コスプレトークンのトークン仕様

 

まずコスプレトークン(COT)の利用者は、

  1. Player:コスプレイヤー・カメラマンなどサービス提供の対価を得る者
  2. User:サービスを閲覧・参加などトークン支払者

コスプレ市場の「Cure WorldCosplay」に関わる人々がおもな対象者となります。

 

それぞれのメリットは、

  • Player自身のコミュニティの見える化
  • User新たなプレイヤーの発掘や応援・トークン価値向上による収益性

など、従来の不透明なコスプレ経済圏の中で関わる全ての方にメリットが生まれ、適切な収益確保(Player)・新しい体験(user)による市場をより活性化できると考えられます。

 

 

専用ウォレット・アプリ

コスプレトークンのアプリ

専用ウォレット・アプリをリリースすることで、ユーザーに使いやすい環境を整え、トークンの流動性を高めていく計画で進めています。

 

 

 

ICOセール概要

コスプレトークンのICO概要

 

トークン概要
  • シンボル:COT
  • 総発行枚数:10億枚
  • セール販売数:5億枚
  • 販売価格:0.04USD/1枚

※プライベートセール(2018/3/1~5/6)では、0.0001ETH/1COT

ICOセールによる資金調達にて、事業をスタートさせる最低ライン(ソフトキャップ)は、「100万ドル」となっています。

 

 

 

買い方・購入方法

購入の手順
  1. ICO購入サイトへ
  2. 登録情報の入力
  3. 登録アドレス宛に承認メールが配信
  4. 名前の登録
  5. 「COT購入」をクリック
  6. 購入数量を入力
  7. 送金先アドレス取得

送金後、およそ数時間程度で購入枚数が反映されます。

取引所への上場時期は『2019年5月頃』を予定していますが、上場先の取引所は公表されていません。

 

最低購入枚数は、『1万枚=400ドル(約45.000円)~』に設定されています。

 

プライベートセール概要(終了)】

  • 販売期間:2018/3/1~4/30 ※2018/5/6まで延長
  • 最低購入数:1ETH~
  • トークン付与:10,000COT/1ETH
  • トークン配布:2018/6/1~6/14
  • 受取方法:MyEtherWallet
  • ホワイトペーパー【日本語】

※当サイト経由での申し込みは、トークン10%増量

 

 

 

コントラクトアドレス

マイイーサウォレットの登録方法と使い方トークン追加方法は上記クリック後、記事内の最下部に掲載

  • トークン契約アドレス:0xed64142f7d0a4d94ce0e7fe45d12f712fe360bd0
  • トークンシンボル:COT
  • ケタ数 :18

上記のコントラクトアドレスを入力することで、『MyEtherWallet・HBウォレット』ETHベースウォレットなどにトークン追加することが可能です。

 

 

 

あとがき|CosplayToken

コスプレトークンのプラットフォーム

 

いかがでしたか?これからが期待される業界のプロジェクトです。

 

日本の独自文化でもあるオタク文化を、世界により発信・拡大させていく一つの大きなICOプロジェクトですよね。

 

そして既存事業ですでに大きなコミュニティを保有しているので、ICOプロジェクトも順調に進みそうな気がします。

 

なにより今回のICOプロジェクトを通して、コスプレ業界を取り巻く経済圏がより健全な市場となり、そして安定的に発展していくことを願いたいですね。

 

 

今回は、コスプレトークン(ICO)について、

  • 最新情報
  • プロジェクト内容
  • 買い方/購入方法
  • トークンの追加方法

など、ホワイトペーパーを参考に解説しました。

 

 

 

仮想通貨による投資案件

仮想通貨による投資(ビットコインやイーサリアムやリップル)  

銀行系カード

オニックスの概要・登録手順・報酬プラン

↑詳細は上記をクリック↑

ONYX(オニックス)は、イギリスのプライベートバンクが発行する『カード』を保有・ショッピング時の決済・現地通貨による出金などをできます。   その他にも、月利最大10%のレンディングサービスを取り扱う、仮想通貨による投資が可能な投資商品・サービスです。    

自動トレードによる投資案件

仮想通貨のアービトラージの仕組み 例えばアービトラージとは、異なる証券会社/取引所において同一銘柄の価格差を利用することで、収益をあげる投資の手法です。   仮想通貨による投資案件の多くが、アービトラージによる手法で収益・利益を得ています。以下では、筆者自身が参加している仮想通貨入金による投資案件を紹介いたします。  
筆者参加の投資案件
10ドルから参加可能
エスブロックの概要・登録・使い方

登録方法は上記をクリック

エスブロックは、
  • 2019年6月15日OPEN
  • 月利6%~15%
  • スマホアプリ専用ウォレット
毎日配当が得れるトレンドの配当型ウォレット案件です。(2019年6月より参加)  
100ドルから参加可能
グルーバルペイの事業概要・登録方法・使い方

詳細は上記をクリック

グローバルペイは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利3%~9%
(2019年4月より参加)   MGCトークンとは

詳細は上記をクリック

MGCトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利9%~90%
  • コインベネ(取引量世界TOP10)に上場済み
(2019年5月より参加)  
150ドルから参加可能
クワントウォレットの概要・登録・使い方

詳細は上記をクリック

クワントウォレットは、
  • 月利6%~15%
  • 韓国のベンチャーキャピタル主催
  • 2019年7月17日日本上陸
など、優秀なアービトラージ企業と提携しトレードによる利益を還元する仮想通貨による投資案件です。(2019年7月より参加)
300ドルから参加可能
ユーバンクの概要・登録方法・使い方

詳細は上記をクリック

YouBankは、
  • カンボジア中央銀行との合弁会社
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6%~20%
など、いまASEAN諸国で経済発展著しいカンボジア経由の配当型ウォレットです。(2019年5月より参加)  
500ドルから参加可能
ブロックエコトークンの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

ブロックエコトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利8%~20%
  • バーレスク東京と提携
またランドカジノ・オンラインカジノと提携する金融事業です。(2019年5月参加)     ヨットトークンウォレットの投資概要・登録方法・アプリの使い方

登録方法は上記をクリック

ヨットトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 配当型ウォレット
  • 月利6%
など、利用されていないクルーズ・ヨットのレンタル事業などマリン系に特化した新しい経済圏の構築を目指しています。(2019年7月参加)  

プラストークンの登録と使い方登録方法は上記をクリック

プラストークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 全世界260万ダウンロードを記録
  • 月利約10%ほど
2018年12月24日に自社の取引所が開設されました。(2018年9月より参加)       クラウドトークンの事業概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

クラウドトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6%~12%
配当型ウォレットでは初の「APP・Googleの公式アプリ」としてリリースされています。(2019年4月より参加)  
1,000ドルから参加可能
ICBウォレットの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

ICBウォレットは、
  • 2018年11月頃から中国40拠点を中心に拡散
  • 月利10.5%
  • 自社取引所OPEN済み
独自通貨は取引所に上場後、約10倍以上の価格に上昇しています。ウォレットに預けている仮想通貨が増える仕組みです。(2018年12月より参加)     wotokenの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

WoTokenは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6~20%
  • 自社取引所OPEN済み
ウォレットに預けている仮想通貨が増える仕組みです。(2019年3月より参加)     ジュビリーエースの登録・概要・投資方法

登録方法は上記をクリック

ジュビリーエースは、
  • 2019年5月グランドオープン
  • 月利2.4%~20%
など、3つの市場でアービトラージを行い、得た収益を分配するサービスです。(2019年6月より参加)  
1,500ドルから参加可能
GCGアジアの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

GCGアジアは、
  • FXトレードによる収益配当
  • 月利60%ほど
  • 配当は月利収益の50%~70%
(2019年4月より参加)     TLC(IBH)の概要・登録・使い方

登録方法は上記をクリック

TLC(IBH)は、第二のGCGアジアと評され、
  • FXトレードによる収益配当
  • 月利10%~20%
リスクヘッジした2口座を利用したFX取引で、損失リスクを抑えたトレード手法を採用しています。(2019年8月より参加)
1,2BTCから参加可能
ビットゲインの特徴や仕組み

登録方法は上記をクリック

  Bitgain社が提供するアービトラージシステムは、約定速度が1分以内と世界でも優良な技術を搭載しています。運用を開始する為には、「BTC・ETH」を合計1BTC以上の資産を保有している方が対象となります。(2018年7月より参加)  
     

ICOプロジェクトについて

ICO

   
2018年開催ICOプロジェクト(関連記事)
     

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

ドラゴンヴェインコイン

※LINE ID検索「@oqm6996w」

  ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。