香港のICOプラットフォーム企業、

クリプトクリックリミテッド社が、

仲介する第四弾のICO案件です。

 

第一弾~第三弾まで、

各トークンとも順調に、

ICOにて資金調達に成功しています。

 

今回のICOトークン発行を、

楽しみにしている投資家も多いですよね。

 

それでは今回は、

2018/2/15に販売が開始された、

2018年仮想通貨の注目ICO

ロード(LODE)を紹介していきます。

 

すでに2018年10月に、

取引所に上場する事が確定しています。

 

Sponsored Link

 

LODE(ロード)とは?|ICO案件

仮想通貨ICOトークンのLODEとは?

 

仮想通貨業界の根幹でもある、

ブロックチェーン」の技術をもとに、

不正が横行する金の産業を、

安心・安全な金現物取引ができるように、

ICOトークンで資金を集めて、

改革を実施していくプロジェクトです。

 

金業界で一般的に良く聞く、

「金の採掘量に応じて報酬が発生」する、

投資型プロジェクトではありません

 

今回は、金の業界全体を巻き込んだ、

  • 採掘された鉱山
  • 精製された場所
  • 製錬所
  • 金の出所
  • 保管状況

など、金に関わる全ての情報を、

不正が出来ない技術で記録し、

透明性のあるマーケットに変貌させる事です。

 

それでは、LODE(ロード)の

ホワイトペーパー】をもとに、

ICOトークンの内容を紹介していきます。

 

 

金産業の現状|LODE(ロード)

金の価格チャート

 

金の産業は1971年以降、

「通貨の基本」という概念ではなく、

現物資産として重宝され始め、

この45年ほどで価値が40倍に膨らんでいます。

 

記憶にも新しいですが、

2018年初めに仮想通貨が大暴落した際に、

逆に金の価格が上昇しました。

 

これは、仮想通貨を売却し、

安全な資産として認識されている、

金を購入する投資家・ファンドの動きに

よるものですよね。

 

要するに「金」という現物資産は、

  • 希少性が高い
  • 有用性がある
  • 所有価値が高い
  • 上昇要因がある

など、現在の市場において、

とても価値のある物として、

信頼されている証でもあります。

 

その反面、不正・偽装・詐欺など、

悪意のある行為が蔓延している、

業界とも言われています。

 

このような不正な行為を正すのが、

今回のLODEのプロジェクトです。

 

 

ビジョン|LODE(ロード)

仮想通貨のICOトークンロードの計画や技術

 

そこでLODEのプロジェクトとは、

ブロックチェーンを用いた技術により、

  1. 金の保管所
  2. 金の販売所
  3. 投資家・ファンド

上記の三者を結びつける、

「LODE NETWORK」を構築します。

 

そして現在、世界各国の金業者による、

個別管理のシステムと連携する事で、

より透明性が高いネットワークが完成します。

 

人が関わる事で不正が横行する仕組みを、

ブロックチェーンによって、

防ぐことが出来るという事ですよね。

 

このような技術が、

仮想通貨業界はもとより、

ブロックチェーンの技術が、

現在の世界で評価されている点です。

 

LODEの詳しいシステムについては、

ホワイトペーパーのP.18~P.31を、

是非、参考にして下さい。

 

 

おすすめの理由|LODE(ロード)

仮想通貨のICOトークン|ロードのビジョン

 

金現物取引システムのツールは、

ドバイ政府が設立・運営する子会社、

Cinnober社を採用する予定です。

 

また、外部の不正アクセスへの対応は、

ITのインフラ管理をする会社に委託します。

 

LODEプロジェクトがおすすめの理由は、

ワンストップで管理するのではなく、

各部門のスペシャリストであり、

既存事業で実績がある会社に任す事で、

より強固な事業にする事が出来ますよね。

 

取引所に上場したあとに、

プロジェクトが軌道に乗る為には、

やはり実世界で信頼されている企業と、

タッグを組んでローンチする事が、

とても重要ですよね。

 

また、その他には、

  • WGC(金鉱山会社運営の非営利団体)
  • BMR(中東リサイクル産業団体)
  • DIDA(ドバイの投資開発事業団)

など、各方面の組織からも評価され、

世界各国の企業・団体と連携し、

プロジェクトの進行に向けて進んでいます。

 

 

 

ICOスケジュール|LODE(ロード)

登録は上記をクリック

 

LODEのICOトークン購入は、

  • プロテクション:2018/2/15~3/1
  • ステージ1:2018/3/15~3/29
  • ステージ2:2018/5/15~6/15

3つのフェーズに分かれています。

 

仮想通貨ロードのICOスケジュール

 

販売価格は、「1ドル」となっており、

各フェーズにおける最低購入価格は、

  • プロテクション:50,000ドル
  • ステージ1:1,000ドル
  • ステージ2:10ドル

各ステージ全て2,000万ドルが上限で、

各フェーズが進むごとに、

購入しやすい金額設定になっています。

 

ロードのICOボーナス|仮想通貨ICOトークン

 

そして、ボーナスの割合は、

  • プロテクション:80%
  • ステージ1:40%
  • ステージ2:20%

 

最低価格と反比例するように、

下がっていく設定になっています。

 

投資家たちにとって魅力的なのは、

ソフトキャップ(1,000万ドル)が、

設定されているので、目標が未達の場合は、

全額返金される仕組みなので、

安心して投資が出来きますよね。

 

 

 

その他のICOトークンに関する記事

ICO参考元 http://lifehack-sein.com/

 

こちらの記事を読まれた方は、

下記も参考にされています。

 

(管理者おすすめのICO案件2018|関連記事)

 

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

上記をクリック↑↑

 

ブログでは公開できない内容・裏情報など、

主に仮想通貨に関する内容を、

定期的に配信しています。

 

上記バナーをクリックして頂くか、

LINE ID「@oqm6996w」で検索して頂き、

友達追加をして下さいね。

 

質問・相談なども受付しています。

 

 

 

まとめ|LODE(ロード)

仮想通貨ICOトークンのLODEとは?

 

いかがでしたでしょうか?

 

従来のような、

ICOトークンによる資金で「金を発掘」し、

採掘利益を配当するというような、

プロジェクトではありません。

 

あくまでも金業界に蔓延する不正を、

根底からブロチェーンによって、

覆していくという事業ですね。

 

投資をする観点からみると、

フェーズ1のプロテクションでは、

最低購入金額は高いですが、

ソフトキャップが設けられているので、

投資対象になりうる案件だと感じます。

 

2018年10月に取引所への上場があり、

期待値が高いICO案件ですね。

 

ただICOトークンの購入はあくまでも、

余剰資金で投資する事がベースで有り、

ホワイトペーパーを熟読し、

納得してから自己責任で投資して下さいね。

 

Sponsored Link