ムーバー(MOOVER)は、

2017年12月1日からスタートした、

ICOトークンです。

 

先日、第一期のセールが終了し、

上限額の約28億円(2.500万円ドル)が、

すでに集まっている人気トークンです。

 

上記の結果を受けてムーバー(MOOVER)では、

2018年1月29日に、

2018年秋頃に取引所へ上場するという、

公式発表がありました。

 

さらに第二期・第三期でも、

たくさんの投資家が集まる予感ですよね。

 

それでは今回は、

2018年人気のICOトークン

ムーバー(MOOVER)について紹介していきます。

 

ムーバーでは、ICOの事を、

コントリビューション(貢献)と、

呼んでいます。

 

Sponsored Link

 

仮想通貨ムーバー(MOOVER)とは?

ムーバー(MOOVER)とは

 

ムーバー(MOOVER)では、

皆さんの多くが契約している、

携帯電話の通信モバイルデータを、

キャリアの垣根を越えて売買できる、

シェアリング・エコノミー」の、

プロジェクトを進行させています。

 

シェアリング・エコノミーで有名な物は、

  • メルカリ(フリマアプリ)
  • 民泊(家の空き部屋をシェア)
  • Uber(乗り物のシェア)
  • Any Times(労働力の貸し借り)

など、SNS・lotの技術革新と共に、

ヒト・モノ・場所・スキル」を、

共有する時代に突入していますよね。

 

そこで人気のムーバー(MOOVER)では、

この経済のトレンドに注目し、

通信モバイルデータを、

貸し借り・売買できる仕組みを、

ICOトークン発行による資金調達で、

この世に新しいサービスを、

ローンチしようと考えています。

 

皆さんも、月末に近づいてきたら、

データ通信量が無くなって、キャリアから、

「追加でデータ容量を購入した。」という、

経験はありませんでしょうか?

 

しかし反対に、

通信データ容量が余ってしまった。という、

経験も大いにあるかと思われます。

 

毎月、通信モバイルデータが、

  • 余る人
  • 足りない人

上記の2つのパターンを上手く組み合わせ、

世界で無駄のない経済圏を作ることを、

ムーバー(MOOVER)は目的にして、

ICOトークンの発行をしています。

 

 

 

ムーバー(MOOVER)の可能性|ICO概要

ムーバー(MOOVER)の可能性

 

現在、世界の通信モバイルデータは、

2017年の調査結果によると、

毎月110億GBのモバイル通信が行われ、

そのうちの20%ほどが余剰しています。

 

要するに、世界中で、

毎月平均で27.5億GBのモバイルが余り、

金額に換算するとおよそ9,000億円という、

巨大な市場にムーバーは参入する事となります。

 

年間に換算すると約11兆円規模となり、

日本のコンビニエンスストア業界と、

同じ規模の市場額となっております。

 

この大きな市場への可能性と、

エコノミーシェアリングという、

現在の経済に対する概念がマッチし、

多くの投資家たちから期待され、

ICOトークン購入へと繋がっています。

 

 

ムーバー(MOOVER)のビジョン|ICO概要

ムーバー(MOOVER)のビジョン

 

ムーバー(MOOVER)では、

モバイルデータ通信を、

世界中の誰もが快適に使える環境を整え、

情報格差による価値観のズレを、

解消できる社会の実現を目指しています。

 

現在、通信インフラが整った事で、

ラジオ・新聞・TVなど、

一方通行の情報発信の時代から、

自らが取得できる時代に替わっています。

 

そこでMOOVERのネットワークが、

この世に実現する事が出来れば、

正しい情報・知識・価値観を得れるので、

より「公平・平等の世界」が生まれますよね。

 

MOOVERは、

国・言語・文化・環境などによる、

間違った知識を正せるかも知れない、

大きな可能性を秘めたICOトークンですね。

 

 

ムーバー(MOOVER)の技術|ICO概要

ムーバー(MOOVER)の技術

 

MOOVERのシステムは、

  • 公式ウォレット(アプリ)リリース
  • スマートコントラクト機能
  • P2Pネットワーク

など、ブロックチェーンに基づき、

通信のモバイルデータを、

シェアリングさせていきます。

 

要するに、

低コストかつ匿名性が保持され、

安心して取引する事が出来るという事です。

 

その他にも様々な外部の企業と連携し、

利便性のあるサービスへ進化させていきます。

 

Sponsored Link

 

不安な点|ICO概要

ムーバー(MOOVER)の技術基盤

 

ネット上では、

  • チームが架空の人物ではないか?
  • 通信キャリアの垣根を越えれない?
  • ICOの結果次第で技術開発が進む?

など、様々な憶測が飛び交っています。

 

ADAのICOトークンの時もそうでしたが、

上場するまでは、

様々なネガティブな情報があります。

 

しっかりとホワイトペーパーを読み、

自己責任で投資される事をおすすめします。

 

投資の基本である、

ポートフォリオの概念を持って、

分散投資をする方が良いかも知れないですね。

 

 

 

ICO募集期間|ムーバー(MOOVER)

ムーバー(MOOVER)のICOスケジュール

 

ムーバー(MOOVER)のICO期間は、

  • フェーズ1:2017/12/1~最大2週間
  • フェーズ2:2018/2/1~最大2週間
  • フェーズ3:2018/4/1~最大2週間

上記の3つのフェーズに分かれています。

 

↑登録はこちらをクリック↑

 

現在はすでにクリアしていますが、

フェーズ1では「SoftCap」が設けられ、

資金調達が未達成だった場合は、

「投資家へ全額資金が返還される」

というルールの事です。

 

フェーズ1では無事に、

上限の2,500万ドルが達成しており、

順調に資金が集まっています。

 

ムーバー(MOOVER)の報酬

 

各フェーズのエアドロップは、

  • フェーズ1:10%
  • フェーズ2:7%
  • フェーズ3:5%

上記の通りとなっています。

 

また、ICOトークンの購入制限は、

  • 最小金額:100USドル
  • 最大金額:50,000USドル

より多くの方に参加してもらう為の、

設定がされています。

 

また、フェーズを3つに分ける事で、

より多くの方に認知してもらい、

ビジョン・目的を知ってもらう効果があります。

 

 

 

その他のICOトークンに関する記事

ICO参考元 http://lifehack-sein.com/

 

こちらの記事を読まれた方は、

下記も参考にされています。

 

(管理者おすすめのICO案件2018|関連記事)

 

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

公式LINE@ロゴ

 

ブログでは公開できない内容・裏情報など、

主に仮想通貨に関する内容を、

定期的に配信しています。

 

上記バナーをクリックして頂くか、

LINE ID「@oqm6996w」で検索して頂き、

友達追加をして下さいね。

 

質問・相談なども受付しています。

 

 

 

まとめ|ムーバー(MOOVER)

ムーバー(MOOVER)の可能性

 

いかがでしたでしょうか?

 

ネット上の評判はあまり良くないですが、

それでもフェーズ1から、

確実に大きな資金が世界中から、

集まってきている人気ICOトークンの一つです。

 

フェーズ2が終われば、

さらに新しい情報などが発表され、

この世の中に役立つサービスとして、

成立する事を期待しています。

 

今回は、2018年人気のICOトークン

ムーバー(MOOVER)について紹介しました。

 

Sponsored Link