緊急アナウンス

Solidex取引所の停止アナウンス

 

Solidexは、多くの悪質で高度な攻撃の対象となり、全てのシステムを一時的に終了致します。今後は、根本的な問題を解決するためのシステムの改善とアップグレードを実施することにしました。※再開時期は未定

 

上記の通貨を、公式ウォレットに出金(Export)する必要があります。※〆切期日2018年12月5日(UTC3:00)

今後は、下記のWaves(ウェーブス)に移行となりますので、手続きが必要となります。

 

 

ウェーブス登録方法と使い方(入金・出金・取引方法)

移行・登録方法は上記をクリック

 

 

 

ムーバー(MOOVER)は、モバイルの通信データのシェアを目的に、2017年12月1日からスタートしたICOプロジェクトです。今トレンドのシェアリングエコノミーの分野ですよね。

 

ムーバー(MOOVER)すでに第1・2期のICOセールが終了し、第1期では13日間で約28億円(2,500万ドル)の資金調達に成功しています。

 

今後の方向性を発表することは、2018/4/1/12:00(日本時間)から始まる最終セール(フェーズ3)で、たくさんの投資家からさらに資金が集まる材料なりますよね。

 

それでは今回は、ムーバー(MOOVER)のプロジェクトについて

  • プロジェクト内容
  • ICOセール期間
  • 登録や購入方法
  • ネットの評判や口コミ

など、ホワイトペーパーを参考に解説していきます。2018年9月26日に最新情報を更新。

 

MOOVER公式情報

上記を参考にしてくださいね。ムーバーはICOセールで集まる資金の事を、コントリビューション(貢献)と表現しています。

 

 

Sponsored Link

 

ムーバー(MOOVER)とは?

ムーバー(MOOVER)とは

 

ムーバー(MOOVER)のICOプロジェクトは、ほとんどの方が契約している携帯電話の通信モバイルデータをキャリアの垣根を越えて売買できる、「シェアリング・エコノミー(共有型経済)」の分野・業種に参入します。

 

2016年頃から日本国内でも徐々に浸透し始めているシェアリング・エコノミーのサービスは、

  • メルカリ(フリマアプリ)
  • 民泊(家の空き部屋をシェア)
  • Uber(乗り物のシェア)
  • Any Times(労働力の貸し借り)

などが代表例ですよね。

 

今まさにSNSの普及・Iotの技術革新と共に、「ヒト・モノ・場所・スキル」を共有する時代に突入しています。

 

これは物欲が満たされた国に住んでいると、物は所有する物ではなく、人と共有した方が効率的という考えが生まれています。

 

また先進国を中心に、

  • 非正社員の増加
  • 平均年収の低下
  • 副業で稼ぐ必要がある
  • インターネットの普及
  • スマホの普及

など、さまざまな要因が重なっている現代の経済は、「所有の時代から共有の時代」へと価値観が変わり始めています

 

そこでムーバーのプロジェクトは、

この経済の変わり目・時代の流れに目をつけ、ICOトークン発行による資金調達で、世界中の多くの方が使用している通信モバイルデータを、「貸し借り・売買」できる新しいサービスを提供しようと考えています。

 

皆さんも毎月中旬から月末にかけて、データ通信量が無くなって、携帯キャリアから「追加でデータ容量を購入した。」という経験はありませんでしょうか?

そしてその反対に、「今月は通信データ容量が余ったから、家族に分配・来月に繰り越そう。」という経験も大いにあるかと思われます。

 

ムーバー(MOOVER)のICOプロジェクトは、毎月の通信モバイルデータが、

  • 余っている人
  • 足りていない人

上記の2つのパターンを上手く組み合わせ、世界で無駄のない経済圏を作ることを目的としています。

 

 

 

可能性は?|ムーバーのICO概要

ムーバー(MOOVER)の可能性

 

ムーバー(MOOVER)のICOプロジェクトの可能性はどうでしょうか?

 

現在の世界の通信モバイルデータ(2017年の調査結果)は、毎月110億GBのモバイル通信が行われ、そのうちの約20%のデータが余剰しているそうです。

 

要するに世界中で毎月約27.5億GBのモバイルデータが余り、金額に換算すると約9,000億円という数字になります。

これは年間に換算すると約11兆円規模となり、日本のコンビニエンスストアの年間売上と同じ規模の非常に大きな市場額ですよね。

 

ムーバー(MOOVER)のプロジェクトは、非常に大きな市場額に参入しようとしています。

 

ムーバーが支持されている理由は、

  • 大きな市場でのサービス提供
  • シェアリング・エコノミーという概念
  • 今までになかった新しいサービス

など、現在の経済の概念・価値観にマッチしたプロジェクトという事で、多くの投資家たちから期待されているようです。

 

それはICOの第一期セールで、28億円という金額を資金調達できた結果でも表れていますよね。

 

すなわちサービスの提供が開始されプロジェクトが実現すれば、ICOセールでMOOVERを購入したトークン価格が大きく上がることを意味し、投資家たちは大きな利益を得ることに繋がりますよね。

 

 

ビジョンは?|ムーバーのICO概要

ムーバー(MOOVER)のビジョン

 

ムーバー(MOOVER)のICOプロジェクトのビジョンは、モバイルデータ通信を世界中のだれもが快適に使える環境を整え、情報格差による価値観のズレを解消できる社会の実現を目指しています。

 

普段あまり気に留めることは無いかも知れませんが、通信インフラが整ったことで、ラジオ・新聞・TVなどの一方通行の情報発信の時代から、情報は自ら自由に取得できる時代に変化していますよね。

 

そこでMOOVERのネットワーク・サービスがこの世に実現する事が出来れば、正しい情報・知識・価値観を得ることが出来るので、より「公平・平等の世界」が生まれますよね。

 

MOOVERのプロジェクトは、国・言語・文化・環境などによる間違った知識を正せるかも知れない大きな可能性を秘めた事業です。

 

このような崇高な理念や考え方をもったICOプロジェクトは、今後MOOVERと事業提携する企業にとって、社会貢献活動ができる一つの材料となり、企業のイメージアップにも繋がりますよね。提携先の企業の発表が待ち遠しいですね。

 

 

技術力・実現性は?|ムーバーのICO概要

ムーバー(MOOVER)の技術

 

MOOVERのシステムは、

  • 公式ウォレット(アプリ)リリース
  • スマートコントラクト機能
  • P2Pネットワーク

など、ブロックチェーンに基づき、通信のモバイルデータをシェアリングさせていきます。

 

要するに、通信データの売買・貸し借りを「低コストかつ匿名性が保持」され、安心して取引する事ができるというプラットフォームを作り上げていきます。

 

その他にもMOOVER(ムーバー)のプロジェクトは、さまざまな外部の企業と連携し、利便性のあるサービスへと進化させていく予定で進んでおります。

※現在のところ、具体的な提携先の発表はありません。

 

Sponsored Link

 

ネットの評判・口コミは?

ムーバー(MOOVER)の技術基盤

 

ムーバー(ムーバー)のネット上での評判は、

  • チームが架空の人物ではないか?
  • 通信キャリアの垣根を越えれないのでは?
  • ICOの結果次第で技術開発が進む?

など、さまざまな憶測が飛び交っています。

 

今回のプロジェクトで重要かつ根幹でもある、通信キャリアの垣根をこえた提携をすることが出来るのでしょうか?

 

たしかにMOOVER(ムーバー)のICOプロジェクト内容・ビジョンは確かに素晴らしいかも知れませんが、既存事業との提携発表など実現性・具体性がまだ見えてきません。それがネット上の声や意見に反映されているように感じます。

 

しかしICOの第一期・第二期セールでは、確実に資金調達ができており、2018年秋ごろには取引所への上場が決まっています。そこでMOOVERには、コインの価格が上がっていくICOプロジェクトでもっとも重要な、上場後のシナリオを確固たるものとするIR発表を待つばかりですね。

※2018年9月26日に、取引所にへ上場が完了しました。

 

MOOVERのICOセールに参加される方はホワイトペーパーを読み、プロジェクトの可能性や実現性に魅力を感じることができれば、参加されることをオススメします。

 

 

 

ICOセール期間・登録や購入方法

ムーバー(MOOVER)のICOスケジュール

 

ムーバー(MOOVER)のICOスケジュールは、

  • フェーズ1:2017/12/1~最大2週間
  • フェーズ2:2018/2/1~最大2週間
  • フェーズ3:2018/4/1~最大2週間
  • 取引所への上場:2018年9月頃

現在はすでにクリアしていますが、フェーズ1では「SoftCap」が設けられ、資金調達が未達成だった場合は、「投資家へ全額資金が返還される」というルールがありました。

 

 

↑登録はこちらをクリック↑

 

 

ムーバー(MOOVER)への登録は、上記のバナーをクリックして「MOVEトークンを購入する」からホワイトリストを作成し、購入画面へと移ります。

 

 

ムーバー(MOOVER)の報酬

 

  • フェーズ1:10%
  • フェーズ2:7%
  • フェーズ3:5%

各フェーズのエアドロップは、上記の通りとなっています。

 

またMOOVERのICOトークンの購入価格は、

  • 最低金額:100USドル
  • 最大金額:50,000USドル

より多くの方に参加してもらう為の設定がされています。

 

そしてICOセールのフェーズを3つに分ける事で、より多くの方に認知してもらいビジョン・目的を知ってもらう効果があります。

 

 

 

あとがき|ムーバー(MOOVER)

ムーバー(MOOVER)の可能性

 

いかがでしたでしょうか?

 

ネット上の評判は別にして、ICOセールのフェーズ1から確実に大きな資金が世界中から集まってきている人気ICOトークンの一つです。

 

2018年9月ごろに取引所への上場が決まり、順調に資金調達ができている印象があります。※予定通り2018年9月26日に上場しました。

 

Solidex取引所の登録方法登録方法は上記をクリック

 

 

今回は、ムーバー(MOOVER)のプロジェクトについて

  • プロジェクト内容
  • ICOセール期間
  • 登録や購入方法
  • ネットの評判や口コミ

など、ホワイトペーパーを参考に解説しました。

 

 

2018年開催ICOプロジェクト

ICO参考元 http://lifehack-sein.com/

 

こちらの記事を読まれた方は、下記も参考にされています。

 

2018年人気のICOプロジェクト(関連記事)

 

2018年開催のICOプロジェクト(関連記事)

 

 

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

上記をクリック↑↑

 

ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容を不定期で配信しています。

 

友だち追加の方法は、

  • 上記バナーをクリック
  • LINE ID検索「@oqm6996w」

質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。

 


 

仮想通貨による投資案件

仮想通貨による投資(ビットコインやイーサリアムやリップル)  

銀行系カード

オニックスの概要・登録手順・報酬プラン

↑詳細は上記をクリック↑

ONYX(オニックス)は、イギリスのプライベートバンクが発行する『カード』を保有・ショッピング時の決済・現地通貨による出金などをできます。   その他にも、月利最大10%のレンディングサービスを取り扱う、仮想通貨による投資が可能な投資商品・サービスです。    

自動トレードによる投資案件

仮想通貨のアービトラージの仕組み 例えばアービトラージとは、異なる証券会社/取引所において同一銘柄の価格差を利用することで、収益をあげる投資の手法です。   仮想通貨による投資案件の多くが、アービトラージによる手法で収益・利益を得ています。以下では、筆者自身が参加している仮想通貨入金による投資案件を紹介いたします。  
筆者参加の投資案件
10ドルから参加可能
エスブロックの概要・登録・使い方

登録方法は上記をクリック

エスブロックは、
  • 2019年6月15日OPEN
  • 月利6%~15%
  • スマホアプリ専用ウォレット
毎日配当が得れるトレンドの配当型ウォレット案件です。(2019年6月より参加)  
100ドルから参加可能
グルーバルペイの事業概要・登録方法・使い方

詳細は上記をクリック

グローバルペイは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利3%~9%
(2019年4月より参加)   MGCトークンとは

詳細は上記をクリック

MGCトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利9%~90%
  • コインベネ(取引量世界TOP10)に上場済み
(2019年5月より参加)  
150ドルから参加可能
クワントウォレットの概要・登録・使い方

詳細は上記をクリック

クワントウォレットは、
  • 月利6%~15%
  • 韓国のベンチャーキャピタル主催
  • 2019年7月17日日本上陸
など、優秀なアービトラージ企業と提携しトレードによる利益を還元する仮想通貨による投資案件です。(2019年7月より参加)
300ドルから参加可能
ユーバンクの概要・登録方法・使い方

詳細は上記をクリック

YouBankは、
  • カンボジア中央銀行との合弁会社
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6%~20%
など、いまASEAN諸国で経済発展著しいカンボジア経由の配当型ウォレットです。(2019年5月より参加)  
500ドルから参加可能
ブロックエコトークンの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

ブロックエコトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利8%~20%
  • バーレスク東京と提携
またランドカジノ・オンラインカジノと提携する金融事業です。(2019年5月参加)     ヨットトークンウォレットの投資概要・登録方法・アプリの使い方

登録方法は上記をクリック

ヨットトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 配当型ウォレット
  • 月利6%
など、利用されていないクルーズ・ヨットのレンタル事業などマリン系に特化した新しい経済圏の構築を目指しています。(2019年7月参加)  

プラストークンの登録と使い方登録方法は上記をクリック

プラストークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 全世界260万ダウンロードを記録
  • 月利約10%ほど
2018年12月24日に自社の取引所が開設されました。(2018年9月より参加)       クラウドトークンの事業概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

クラウドトークンは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6%~12%
配当型ウォレットでは初の「APP・Googleの公式アプリ」としてリリースされています。(2019年4月より参加)  
1,000ドルから参加可能
ICBウォレットの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

ICBウォレットは、
  • 2018年11月頃から中国40拠点を中心に拡散
  • 月利10.5%
  • 自社取引所OPEN済み
独自通貨は取引所に上場後、約10倍以上の価格に上昇しています。ウォレットに預けている仮想通貨が増える仕組みです。(2018年12月より参加)     wotokenの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

WoTokenは、
  • スマホアプリ専用ウォレット
  • 月利6~20%
  • 自社取引所OPEN済み
ウォレットに預けている仮想通貨が増える仕組みです。(2019年3月より参加)     ジュビリーエースの登録・概要・投資方法

登録方法は上記をクリック

ジュビリーエースは、
  • 2019年5月グランドオープン
  • 月利2.4%~20%
など、3つの市場でアービトラージを行い、得た収益を分配するサービスです。(2019年6月より参加)  
1,500ドルから参加可能
GCGアジアの概要・登録方法・使い方

登録方法は上記をクリック

GCGアジアは、
  • FXトレードによる収益配当
  • 月利60%ほど
  • 配当は月利収益の50%~70%
(2019年4月より参加)     TLC(IBH)の概要・登録・使い方

登録方法は上記をクリック

TLC(IBH)は、第二のGCGアジアと評され、
  • FXトレードによる収益配当
  • 月利10%~20%
リスクヘッジした2口座を利用したFX取引で、損失リスクを抑えたトレード手法を採用しています。(2019年8月より参加)
1,2BTCから参加可能
ビットゲインの特徴や仕組み

登録方法は上記をクリック

  Bitgain社が提供するアービトラージシステムは、約定速度が1分以内と世界でも優良な技術を搭載しています。運用を開始する為には、「BTC・ETH」を合計1BTC以上の資産を保有している方が対象となります。(2018年7月より参加)  
     

ICOプロジェクトについて

ICO

   
2018年開催ICOプロジェクト(関連記事)
     

公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中

ドラゴンヴェインコイン

※LINE ID検索「@oqm6996w」

  ブログでは公開できない内容・裏情報など、仮想通貨・ICOに関する内容なども不定期で配信しています。質問・相談なども受付していますので、よろしくお願いいたします。